脱保湿は本当に肌にいいのか?

脱保湿の美肌効果は本当にあるのか?

【脱保湿歴】3ヶ月

20代

脱保湿を試してみましたが、にきびへの効果はまったくありませんでした。それどころか、むしろ余計に顔がオイリーっぽくなることが増えました。小鼻もテカりやすくなりました。ひどいときは嫌な皮脂のにおいがするときもありました。

【脱保湿歴】2か月ぐらい

50代

具合が悪くなると言うことはありませんでしたが、改善した様子もありません。肌のターンオーバーが約28日と聞いたので、2ヶ月ぐらいやれば、何か1点ぐらい改善されるかと思っていたんですけど。シミやくすみは、その程度じゃダメみたいですね。

【脱保湿歴】2年

48歳

保湿しなくなって、肌に手間をかけていた分の労力やお金がいらなくなったのは楽だと思いましたが、これだと順当に老けていくのでは、と不安でした。そう思った通り、肌がガサガサになり、シワが増えてハリがなくなり老け顔に拍車がかかりました。

【脱保湿歴】2か月

40代

だいたい3か月くらで効果が出ると聞いており、今はまだ途中経過ですが、保湿をしないのでカサカサにもひどく、かゆみもあり、目元もあかくなり、本当にこれが効果があるのか正直疑問です。やはり保湿をした方が良いのではないかと言う思いは常に持っています。

【脱保湿歴】半年

30代

脱保湿するようになってから、最初の1週間くらいは、やはり皮が剥がれて、乾燥が辛かったです。でも、ここでまた保湿してしまうと意味がないので、挫けずに我慢しました。2週間もすると、肌全体に厚みが増して、皮の剥がれが少なく、多少の刺激にも強くなりました。自然に肌の調子が良くなり、むやみに保湿していた頃よりも健康的になれました。

【脱保湿歴】2ヶ月間

29歳

ニキビじたいはできにくくなりましたが、お肌の水分が減りすぎて、想像以上に肌が乾燥してしまったような気がすると同時に、ニキビができにくくなったけれど、できてしまったニキビが跡として残りやすくなったように感じています。

【脱保湿歴】半年

26歳

肌は以前よりも綺麗になりました。年齢を重ねると、肌が乾燥していくとのことで、保湿をしていましたが、そもそも製品が肌に合わないと逆効果だと気づきました。今の、何もしない状態の方が、肌が綺麗になっているので、効果があったと言えます。保湿をしているときには気になっていたテカリも軽減され、保湿をしないので、どこでも顔を洗えるようになったのも大きいかと思います。自分の皮脂でも荒れてしまうようですので…。肌トラブルとしては、サンホワイトをつける時、おでこに塗っていたときは吹き出物が出ていました。現在は、顔全体につけない(おでこ、鼻は避けるなど)にすることによって、トラブルがほぼ無くなりました。保湿しないことへの不安は多少ありましたが、結局そんなに乾燥しないので、問題なかったです。

【脱保湿歴】二週間

50代

肌のトラブルは徐々に落ち着きました。一時的に保湿を控えた効果はあったと思います。保湿のしすぎや合わないシートマスクによる保湿は逆効果だということが良く解りました。保湿しないと乾燥しシワが増え老化が進むのでは、という不安はありました。

【脱保湿歴】2年程

25歳

脱保湿し始めて肌トラブルを引き起こしがちだった素肌はもう見違えるようにツルツルのスベスベになり、毛穴の開きや凹凸も大変小さくなり目立たなくなりましたし、浅黒かった素肌は物凄く色白になって、脱保湿し始めてからはニキビができなくなりました。勿論、肌の不快感や保湿への不安は最初はありましたが今は一切ありません。

【脱保湿歴】1ヶ月

29歳

脱保湿して肌はあまりよくなりませんでした。私の場合は乾燥が悪化してしまい、肌の赤みが取れず、化粧も満足にできる状態ではなくなってしまい、人前で顔を出すことに臆するようになり、どこに行くにもマスクを着用すようになってしまいました。

保湿は必ず必要なケアじゃない!

脱保湿することで肌の調子が良くなる人が結構いることが分かりますよね。

実は保湿って絶対に必要なケアじゃないんです。

しかし、保湿しないと肌が老化しやすい人がいます。

例えば極端な話、アトピー肌で脱ステロイドした場合、保湿してもしなくてもいける人に分かれます。これは、肌本来のバリア機能回復が強いか弱いかという違いです。つまり個人差。

保湿はなんで必要かというとバリア機能のためです。あとターンオーバー。

子どもの頃は保湿なんてしなくても大丈夫でしたよね。でも大人になると肌の入れ替わりが衰えてくるため、バリア機能が落ちてきて様々な肌トラブルがおきます。

つまり、人によって保湿が必要かどうかは全く違うんです。

だからもし、バリア機能が弱くてダメな人が脱保湿にこだわると、刺激を受け放題になってコラーゲンが壊れまくります。どうなるかというと、肌の弾力は落ちてぼろぼろになります。

cf.肌弾力を戻すにはAGEs退治

上記サイトに書かれているように、刺激がコラーゲンを壊してしまいます。コラーゲンを増やして弾力を戻したいなら、まずコラーゲン減少と劣化を止めないとイタチごっこです。

その刺激を防ぐのがバリア機能。だから、保湿が必要な人はいます。

ただ、世の中の保湿化粧品の多くが、肌を攻撃する成分を含んでいます。

そのため、肌状態が弱いときに入念な保湿をすると肌が荒れてしまうんですね。それで脱保湿すると調子が良くなる…

でもバリア機能が落ちているままだと、また肌状態が悪くなってきます。脱保湿とこだわらず、もっと軽い保湿をすればいいだけなのですが、どうにもみなさん極端なようですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加